大衆馬肉酒場 酔つ馬-YOTUBA-

酔つ馬-YOTUBA-店舗一覧

馬肉の安全性と栄養価

馬肉の安全性

馬は牛や豚等の家畜と比べて体温が5~6℃も高い為、寄生虫や雑菌が寄り付きにくく、しかも狂牛病や口蹄疫などの病気は偶蹄類がかかる病気なので、奇蹄類の馬はそれらの病気にはかかりません。
またO-157やO-111などは牛・羊・鹿などの反芻動物の腸内に生息していますので馬の腸内には生息していません。また抗原度が非常に低く、アレルギーが起きにくい為、馬肉は最も安全で安心な食肉と言えます!!

馬肉の栄養価

◆馬肉のカロリーは牛肉の約1/3豚 肉の約1/2ととても低カロリー!!
◆馬肉の脂肪分には、人の体内で作る事のできない善玉コレステロールの不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりしますそのうえ体内に留まらず血管にも付着しません。
◆馬肉の豊富なタンパク質にはペプチドが多く含まれペプチドには保温効果があり血管を拡げる為、血圧を下げたり毒消しの効果があります。
◆馬肉はミネラル類も豊富で、カルシウムは牛肉・豚肉の3倍、鉄分はほうれん草・ひじきより多く含まれています。
◆馬肉に含まれている鉄分の種類はヘム鉄と呼ばれ、身体に吸収されやすい特徴があります。
◆馬肉はグリコーゲン(簡単にブドウ糖に変化する人間のエネルギー源で甘味の元)が牛肉の約3倍も多く含まれており即効性のエネルギー源ですので、運動前やダイエットにも最適なお肉と言えます。
◆特に馬肉を昔から食べる文化のあるフランスでは、アスリートやモデルが好んで馬肉を食べたりお医者様が患者さんに馬肉を薦めたりしています。日本でも、昔から薬膳料理として親しまれている文化があります。

成 分 馬肉 牛 肉 豚 肉
カロリー 100 Kcal 297 Kcal 202 Kcal
脂肪 2.5 g 23.3 g 12.8 g
鉄分 4.3 g 1.3 g 1.1 g
タンパク質 20.1 g 18.4 g 18.4 g
グリコーゲン 2290 mg 674 mg 432 mg



twitter
facebook